進藤遼佑くんを殺害した犯人は父親なのか?教職員の母親は何を思う…

またも子供が犠牲となる事件が起きてしまった。

さいたま市で進藤遼佑くんという9歳の少年が、遺体で発見されたのだ。



◆父親が怪しい…?

進藤遼佑くんは首に絞められたあとがあり、何者かに殺害されたと見られている。

こんな酷いことをする犯人は許せない。
いったい犯人は誰なのか?
顔見知りなのか?
通り魔的な犯行なのか?

当然、こういう話になる。

そして、犯人探しとなる。

ここで、あくまでネット上の推測ながら怪しいと見られているのが、遼佑くんの父親だ。

◆父親のプロフィール

ここで、進藤遼佑くんの父親のプロフィールをご紹介しておこう。

名前:不明
年齢:32歳
職業:無職

なるほど、32歳で無職というところが、怪しさを醸し出している。

さらに、32歳ということは、遼佑くんは父親が23歳のときの子供ということになる。

これだけだと不自然でもないのだけど、母親が42歳ときくと、少し不自然さが出てくる。

父親とは再婚なのかもしれない。

ということは、父親と遼佑くんは血が繋がっていないのかもしれない。

◆父親が最後の目撃者

父親は警察にこう証言している。

息子はきのう学校から帰ったあとに、大宮駅近くにある英会話塾に行くと言って家を出た

進藤遼佑くんを最後に目撃したのは父親だったのだ。

目撃者が殺人事件の犯人だったというのは、推理小説のテッパンだ。

◆発見場所は自宅の前

進藤遼佑くんの遺体が見つかったのは、居室前の外階段付近にある、メーターボックスの扉付きスペースだった。

なぜ、わざわざ自宅の前に遺体を隠すように置いたのか?

捜査関係者は

発見場所が捜査の鍵になる

と指摘しているそうだ。

現在 警察は、大宮東署で遼佑くんの両親から詳しい事情を聴いているという。

◆父親が犯人なのか?

ここまでの状況を整理すると、

  • 父親は遼佑くんの継父(かもしれない)
  • 最後の目撃者は父親
  • 発見場所は自宅の前

というものだ。

たしかに父親は、過去に起きてきた殺人事件の犯人の条件に、合致するところがあるかもしれない。

しかし当然ながらこれだけでは、犯人と決められるものではない。

みんな推測だけで物事を考えるのは止めよう。

現時点で父親は、最愛の息子を失った遺族なのだから。

◆教職員の母親は何を思う…

進藤遼佑くんが住んでいた集合住宅は、教職員の社宅だったそうだ。

そして、遼佑くんの母親は教員だった。

社宅を管理するのは埼玉県なので、県の教職員ということは高校の先生だったのか。

33歳で授かった一人息子は、目の中に入れても痛くない存在だったであろう。

最愛の息子を失い、夫がネット上で疑われいる現実を、母親はどう受け止めているのだろうか。

◆まとめ

進藤遼佑くんが通う小学校の校長は、遼佑くんについて、

休むことなく学校に通い、勉強にも意欲的だった。クラスに友達も多かった。深い悲しみでいっぱいだ

と述べた。

現時点で確かなことは、将来有望な9歳の少年を、理不尽な理由で失ったということだけだ。

遼佑くんのご冥福を心よりお祈りする。

◇あとがき

「暗い道は危ない」「怪しい人に気をつけて」

大人はこう子供に教えがちだけど、本当の犯罪者は子供の通学路にいて、怪しい恰好はしていないらしい。

大人ももう少し、犯罪というものをリアルに意識した方がいいのかもしれない。

【関連記事】

新藤悠介【顔画像】~特定されたFacebookから出身地や高校・大学、職業などが次々と判明

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする