「竹島を戦争で取り返す」丸山穂高発言を考える…遺憾砲やヒステリックな批判よりはマシ

丸山穂高議員が、

竹島も戦争で取り返すしかない

とツイッターで発言し、大炎上しているね。



◆「竹島を戦争で取り返す」丸山穂高発言

丸山穂高議員の正確な発言はこうだ。

政府もまたまた遺憾砲と。竹島も本当に交渉で返ってくるんですかね?戦争で取り返すしかないんじゃないですか? 朝鮮半島有事時を含め、「我が国固有の領土」において自衛隊が出動し、不法占拠者を追い出すことを含めたあらゆる選択肢を排除すべきではないのでは?

「戦争で取り返すしかない」と断言してはいないんだね。

しかし「戦争」という言葉を使って刺激的であることは間違いない。

◆遺憾砲やヒステリックな批判よりはマシ

最初にいっとくが、わたしは丸山発言がいいとは思っていない。

戦争犠牲者や遺族にとって、言葉だけとはいえ、戦争という手段を選択する発言は受け入れられないものだろう。

ただし、「遺憾」と言うだけで何もしない人たちよりはマシだと思っている。

「戦争?ダメダメぜったいダメ!キー!」と批判して、竹島に対して思考停止に陥るひとたちよりもマシだと思っているのだ。

遺憾とする人たちは、竹島を真剣に考えているのか?

批判する人たちは、竹島を真剣に考えているのか?

韓国が竹島を実効支配するとき、韓国当局は327隻の日本漁船を拿捕し、3911人の漁師を拘束し、8人を死亡させた。

死ぬ気で来てるんだよ…それを話し合いで解決できるわけないじゃん。

独島の歌を作って、学校で小学生に歌わせてるんだよ。

日本の主張はもっともなので、独島は日本へ返しましょう

なんて、本気で言うと思ってるの?

◆戦争以外の3つの選択

じゃあ、どうすれば良いのか?

①不法占拠に対する経済制裁

まずわたしは、竹島の不法占拠に対して、経済制裁をかければ良いと思っている。

対韓輸出規制は、経済制裁ではないというのが日本の立場みたいだよね。

じゃあ今度こそ、経済制裁を発動すればいいんだ。

政治の問題を経済に持ち込むのか?

と、朝日新聞は怒るだろう。

対韓輸出規制でも同じこと言ってたもんね。

その通りだよ。

死ぬ気で来てるのを、死ぬ気で返したら戦争じゃん。

だから違うところで返すんだよ、そんなことも分からないのか?

②経済支援の見返りに領有権を諦めさせる

2番目は、最初の案とは真逆の発想だ。

韓国に経済支援をして、見返りに竹島の領有権を諦めさせるんだ。

ロシアとの北方領土問題も、経済支援で解決しようとしてるだろ?

あれと同じ発想だよ。

まあ、独島の歌を歌ってヒステリックに領土を主張してる連中だから、ふつうの状態では難しいだろうね。

1997年のIMFによる韓国救済くらいに韓国経済が疲弊していたら、考えられるかもしれない。

③韓国へ売却

これはあまり言いたくはないんだけど…

日本も遺憾砲やヒステリックな批判を繰り返すだけということは、竹島に重要性を感じていないんじゃないか?

それなら、重要性を感じている韓国に買ってもらったらどうだろう?

実効支配されている状態でもんもんとしているより、よほどスッキリすると思うけどね。

◆まとめ

3つの選択肢を考えたけど、結局どれもオカネで解決しようと言うことだよね。

戦争をしたくなければ、それが大人の解決方法なんだよ。

戦争はいやだ!他の問題を経済に持ち込むのはいやだ!

と言ってるだけでは子供と一緒。

朝日新聞さん、分かった?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする